オピオイド鎮痛薬の種類と剤形の工夫

オピオイド鎮痛薬には、主に次のような種類があります。

成分名 主な製品の種類(剤形) 鎮痛効果の強さによる分類
硫酸モルヒネ MSコンチンR(錠)、カディアンR(徐放カプセル)、モルペスR(粉薬)、MSツワイスロンR(カプセル) 中等度から高度の強さの痛みに用いるオピオイド鎮痛薬(強オピオイド)
塩酸モルヒネ 塩酸モルヒネR(錠、粉薬、注射)、オプソR(内服液)、アンペックR(坐薬)
オキシコドン オキシコンチンR(徐放錠)、オキノームR(粉薬)、パビナールR(注射)
フェンタニル デュロテップMTパッチR(貼り薬)、フェンタネストR(注射)
 コデイン リン酸コデイン(錠、粉薬)、リン酸ジヒドロコデイン(粉薬) 軽度から中等度の強さの痛みに用いるオピオイド鎮痛薬(弱オピオイド)  軽度から中等度の強さの痛みに用いるオピオイド鎮痛薬(弱オピオイド)

このほかのオピオイド鎮痛薬に、レペタンR(坐薬、注射)やペンタゾシンR(内服、注射)があります。これらは、上記の表の薬といっしょに使うと鎮痛効果を打ち消し合ってしまうことがあるため、同時に使うことはありません。

 

また、オピオイド鎮痛薬は、種類の違いだけでなく、患者さんのからだの状態や痛みの症状によって使い分けられるように剤形(形状)もさまざまなものが開発されています。種類や剤形を工夫することで、一人ひとりに合ったよりきめ細かなケアができるようになっているのです。

飲み薬

[効き目が短い飲み薬〈錠剤、粉薬、内服薬(液状の飲み薬)〉]

1日に何度も飲む必要があります。ほかの鎮痛薬の使用中、鎮痛成分の不足分を補うためや、急に痛みが強くなったときに飲むことがあります。

 

[効き目が長い飲み薬〈徐放性(じょほうせい)の薬〉]

からだの中で有効成分がゆっくり溶け出すように工夫されているので、効き目が長く続きます。1日1回飲む薬と1日2回飲む薬があります。痛みの状態が安定している患者さんに使われます。なお、徐放性の薬は、飲む前に割ったり砕いたりしないよう注意しましょう(薬の主成分が一度に放出されてしまうため、副作用の危険性が高まります)。

坐薬(ざやく)

肛門(おしり)から入れる薬で、からだの状態や、吐き気・嘔吐などのために飲み薬を飲むことがむずかしい患者さんに使われます。ただし、肛門や直腸に異常のある場合、下痢などの場合には、ほかの剤形の薬を選びます。飲み薬や貼り薬の不足分を補うかたちで使用することがあります。

注射薬

飲み薬が服用できないときに使用されます。すぐに効き目があらわれます。多くの場合、点滴注射などによって持続的に投与されます。点滴注射の管によって入浴などの日常生活が制限されることがあります。

貼り薬(パッチ)

皮膚に貼ることで有効成分が吸収され、鎮痛効果を発揮するという、新しいタイプの薬です。一般に、先に飲み薬で痛みをコントロールし、痛みをとるのに必要な薬の量がわかってから使います。現在使われているのは3日ごとに貼り替えるもので、効き目が長く、日常生活が妨げられません。貼ったところがかゆくなったり、かぶれたりすることがあります。