がんの痛みの治療に使用される鎮痛薬

がんの痛みの治療に使用される鎮痛薬は、大きく「医療用麻薬」と「それ以外の鎮痛薬」の2つに分類されます。患者さんの痛みの強さによって、この中からいくつかの薬を選んで組み合わせて使います。

医療用麻薬(オピオイド鎮痛薬)

医療用麻薬とは、法律で医療用に使用が許可されている麻薬のことです。薬理学的には、オピオイド鎮痛薬というグループに分類されます。オピオイド鎮痛薬は、いわゆるニュースなどで報道されている“乱用麻薬”とは全く別のものであり、経験のある医師の処方や指示にしたがって、正しく使用されれば、麻薬中毒になったり依存症になったりすることはありません。残念なことに、日本には誤った知識をもつ医師も多く日本のがんの痛みの治療が欧米に比べて大きく遅れている原因の1つとなっています。

 

オピオイド鎮痛薬は、鎮痛効果の違いによって、強オピオイドと弱オピオイドの2つに分けられます。強オピオイド鎮痛薬は、がんの痛みに対して最も強力な鎮痛効果があり、モルヒネがその代表です。最近では、モルヒネとは異なる新しいタイプのオピオイド鎮痛薬として、フェンタニルやオキシコドンが日本でも使用できるようになりました。

医療用麻薬以外の鎮痛薬(非オピオイド鎮痛薬)

痛みが弱い段階で最初に用いられる鎮痛薬は、非オピオイド鎮痛薬とも呼ばれます。このグループの薬は、医療用麻薬ではありません。鎮痛効果はオピオイド鎮痛薬に比べて弱いものの、オピオイド鎮痛薬と同時に使うと鎮痛効果を高めることができます。 この種の鎮痛薬には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs〔エヌセイド〕)というグループの薬か、アセトアミノフェンと呼ばれる薬が使われます。抗炎症・解熱・鎮痛作用があり、がんの痛みだけでなく、頭痛や腰痛、歯の痛みなどにも使用されています。