オピオイド鎮痛薬Q&A

医療用麻薬は、使い続けても効果がなくなるということはありません。乱用目的の違法な麻薬では、いつも同じ快楽を得ようとすると量を増やすしかありませんが、痛みのある人が医療用麻薬を使用する場合は、鎮痛効果がなくならないことが証明されています。ただし、病状の経過によって痛みが強くなった場合には、薬の量を増やすことが必要になります。

医療用麻薬をヘロインや覚せい剤と同じように考えられているようですが、医療用麻薬を使用しても快楽を得ることはできません。麻薬中毒とは、薬がほしくてたまらなくなったり、極度の不安になったりする精神的、身体的依存症状のことです。しかし、医療用麻薬を使ってもこのような状態になることは決してありません。

医療用麻薬の副作用としては「呼吸の抑制」や「意識の低下」などがあり、そのため「死期を早める」と誤解されていた時代がありました。しかし、医師が患者さんをきちんと診察しながら治療を行う範囲では、このような副作用が起きることはありません。ただし、患者さんの体調の変化(腎臓や肝臓の機能低下)によってはこのような副作用が出る場合もあるので、痛みの治療中は必ず医師の定期的な診察を受けることが必要です。

医療用麻薬を使用しているときには、眠気や頭がぼーっとするという症状があらわれることがあります。これは、薬の治療を始めたばかりのころに比較的多くみられる症状ですが、徐々に安定してなくなっていきます。しかし、全身の状態によってはこれらの症状がいつまでも続いたり、まれに考えがまとまらなくなる、頭がぼんやりするなどの症状がみられる場合があります。医療用麻薬以外の薬が原因となっていることもあるので、症状が長く続くようであれば医師に相談しましょう。

ある種の薬を使用しているときに、その薬の効果が切れることに精神的な不安や恐怖を感じたり、どうしてもその薬を手に入れようとする行動を起こしたりすることを「精神依存」といいます。しかし、医療用麻薬をがんの痛みの治療に使用してもそのような依存症状を引き起こすことはありません。痛みが弱くなったり、完全になくなった場合は、量を減らしたり、やめることも可能です。ただし、自分の判断で薬を急に中止すると、自律神経のバランスに影響を与える(発汗や動悸などの症状が出る)ことがありますので、薬を中止する際には必ず医師や薬剤師の指示にしたがってください。