がんの痛みはとれるもの

がんの痛みは、がまんする必要はありません。適切な治療によってほとんどが消失、あるいは軽減させることができます。痛みをがまんしていると、眠れない、食欲がないなど、生活への気力がなくなり、がんを治そうという気持ちまでが衰えてしまいます。がんの痛みはとれるものだと、しっかり覚えておいてください。  


「患者さんには痛みをコントロールするために十分な鎮痛薬を要求する権利があり、
医師にはそれを投与する義務がある」(WHO)

全世界に向けてがんの痛みの治療を広める活動を行っているWHO(世界保健機関)は、「がんの痛みからの解放 -WHO方式がん疼痛治療法-(1996年 第2版発行,金原出版)」の中で、「がんの痛みは治療できる症状であり、治療すべき症状である」と宣言しました。さらに「患者さんには痛みをコントロールするために十分な鎮痛薬を要求する権利があり、医師にはそれを投与する義務がある」ともいっています。つまり患者さんには、がんの治療と痛みの治療を同時に受ける権利があるのです。

がんの痛みがやわらいでくると気持ちが前向きになり、がんそのものの治療にも良い影響を与えることができます。また、がんの痛みによる睡眠不足や食欲不振が改善することで、いつもどおりの生活を取り戻すことができるのです。痛みがあらわれたら、がまんしないですぐに医療スタッフに相談するか、ご家族に伝えてください。なるべく早く、痛みをとりのぞくようにしましょう。