がんの痛みについて

今や、日本人の2人に1人はがんになるといわれ、がんは身近な病気となりました。がんを患う方の約8割は何らかの痛みを感じ、痛みに対する治療が必要となります。ここでは、がんにともなう痛みの原因とその伝え方をご紹介します。

がんの痛みとは

がんの早い時期から痛みを感じる人もいれば、病状が進んでから初めて痛くなる人など、痛みのあらわれかたはさまざまです。


がんの痛みを伝えよう

痛みの強さは本人にしかわかりません。痛みを正しく治療してもらうために、医療スタッフや家族に痛みの度合いを伝えられるようにしましょう。


痛みをがまんすることで何が起こる?

痛みの起こるメカニズムから、「けが、やけどによる痛み」と「がんの痛み」の違い、 そして「がんの痛み」を早くとることの必要性について、アニメーションで解説します。