がんの痛みの治療は緩和ケアの1つです

患者さんのからだや心のさまざまな苦痛を取り除き、QOL(Quality of Life=人がより人間らしく生きていくこと)を高めていく医療を「緩和ケア」といいます。つまり緩和ケアは、患者さんが感じるがんの痛み(身体的な痛み)だけでなく、これにからみ合う複雑な痛み(トータルペイン=全人的な痛み)を軽減させる治療であるといえます。